喪中葉書を郵便局で買うと1枚何円?もっと安く購入できる!

郵便局の喪中はがきって料金はいくら?

郵便局の喪中はがきって料金はいくら?安いのでしょうか?

初めて喪中葉書を出すことになると、真っ先に販売先として思いつくのは郵便局の購入窓口ですよね。けれど、行って見ると5枚パックや10枚パックしか取扱いがありません。

実際必要な数は、毎年年賀状を送っている相手ですから50枚〜100枚という方が多いのではないでしょうか! 郵便局に売っている喪中葉書パックが安いのか、高いのか見当もつかないと思うのでまずは、1枚あたりの印刷料金を計算してみますね! 

>結論!ネット注文の方が1,000円以上安い

■郵便局で販売中の喪中葉書価格

普通タイプ5枚入り520円(税込)

箔押しタイプ5枚入り590円(税込)

■これをはがき代金1枚52円を引いて、印刷代金を計算してみると…

52円×5枚=260円

普通タイプ520円-260円=260円

※260円÷5枚=1枚あたり52円の印刷代金ということが分かります。

ということは官製はがきに印刷して、印刷代が1枚30円台〜のネット注文の方がずっと安いことが分かりますね!数枚の購入では違いは大きくありませんが、10枚以上購入するならネット印刷の方がずっと格安という事です。 50枚印刷で1,000円、100枚印刷すると2,000円程度の差になってきます。

 

格安喪中はがき印刷ランキング

に、詳しい金額と、おすすめのショップを紹介していますので参考にしてみてください(^ ^)

 


人気の理由はここ!信頼感、店舗で購入できること。

郵便局の喪中はがきが人気なのはなんと言ってもその信頼感ですね。

うっかりネット注文を忘れていても、お店ですぐに購入できるのがメリットです。手軽に手に入る分、金額が印刷店よりも高くなるのは仕方のないことです。

喪中・寒中はがきの印刷は、早期割引が、11月2日受付分までです。
印刷代金が、15%割引になります。
宛名印刷と、投函代行さ^ビスは、会員限定です。登録は無料。
宛名印刷の締め切りは、12月24日までです。

郵便局の喪中はがきは2種類。弔事用の切手を自分で貼る 私製ハガキか、通常はがき

料金は、1番低料金なシンプルデザインで10枚2,450円でした。これに、はがき代が
かかります。

配送は、ゆうパックです。配達日は指定できませんが、時間帯が指定できます。
納期は、12月27日までの申し込みで、受付日から2日以内に発送されます。
喪中はがきの印刷注文は、12月27日までになってます。
寒中見舞いだと、1月11日までの申し込みで、受付日から2営業日以内に発送です。

用途に合わせて好きな文面をえらびます。デザインは、スタンダード・カジュアル・薄墨・自分で作る
データを印刷する、と、4種類。それと、あとは、カタログから選べます。

レイアウトの調整は何度でもできます。逝去者は、2名入れることができます。続柄、
姓などそれぞれ入れることができます。

サイトには、注文ガイドもあるし、お役立ちガイドとして、豆知識が載ってます。
続柄の一覧表がありましたよ。

郵便局の喪中葉書はビジネス、家族、親戚向けに対応しています。

年賀状が送れない喪中の時は、年賀状欠礼状として出しましょう。ネット注文なら安い喪中はがきが簡単に購入できます。おしゃれでおすすめの喪中ハガキ販売通販を人気業者から順にご紹介しています!WEBなら激安で通販できますよ(^ ^)。